対日観光促進委員会




マンダレー・ダジャン

   意識が朦朧とするような暑さが連日続くヤンゴンの4月、水掛け祭を控えて、ヤンゴンは慌しくなってきた。帰郷の準備をする人、新年の為に服を

新調する人、水掛け用の水鉄砲やグッズを売るお店が出たり、バーゲンを始めている。皆、そわそわして仕事に身が入らない。水掛け祭を待ちきれ

ない感じ。その水掛け祭はマンダレーが一番といわれているが、そういえば、これまでヤンゴンでしか見たことがないので、今年はマンダレーで水掛

祭りを過ごすことにした。「水掛け祭りはマンダレーがイイよ!」「マンダレーが最高だよ」とよく耳にするが、果たして… 期待を持って深夜バスに乗り

込んだ。

  お祭りの前日にマンダレーに着くとヤンゴンをはじめミャンマー国中だけでなく、お隣の中国、海外からも見物に来た人が大勢いて、街はお祭りを

控えて静かだけど、高揚した雰囲気に包まれていた。これは嵐の前の静けさだったけど(笑)お店も早めに切り上げるところが多い。明日はいよいよ

水掛祭りだ。

  いよいよ水掛け祭当日、ホテルの部屋を出るといきなり従業員にザ

バッと水を掛けられて、面食らった。まさかホテルのなかで… ビックリ

したけど、従業員の笑顔をみるとなんだか心がほぐれた。ホテルは水

浸しだけど、オーナーも笑顔だ。朝から無礼講のスイッチがONになっ

てる。 今回は友人のバイクに乗せてもらい街中を周遊してみた。午前

なのに、街中はもう貸切のジープやトラックで大渋滞。王宮周辺、特に

お堀の南側は大きいマンタ(水掛け舞台)がズラ~と並んでおり、皆そ

の前を通ろうと我先に突っ込んでいる。それにしても凄い雑踏。ギッチ

リ詰まった車の間を2、3人乗りのバイクが入り込んだりして、もう無茶

苦茶。耐え切れないので、友人の紹介でマンタに上がらせてもらった。

  マンタにはDJブース付のがあったり、民族舞踊を披露するのがあ

ったり、バラエティーたくさん。僕が上がったマンタはステージがあって、かなり有名な歌手達が出演を控えていた。テレビで見かける歌手が真横。と

いっても、実はあまり知らなくて、この娘メチャクチャ可愛いな~と思って友人に聞くと「アンタ知らないのかっ?」って驚かれたけど。

  マンタには放水用のホースが数百本設置されていて、前を通る車に放水するわけだか、結構水圧が強い。僕は消防用の特大ホースで放水したけ

ど、これはハッキリいって危険~荷台の人が本当に吹っ飛ぶくらい。

それでも、若者ははじけるようにトラックの荷台で水を浴びて踊り狂

っている。1年間の鬱憤が爆発してる感じでちょっと怖いかも。よくみ

ると、ウィスキーやラムをガブ飲みしている。う~ん、ますます危険だ

と思っていると、案の定マンタの下でケンカが始まった。実際、マンタ

の真下はかなりエキサイティングなので、女性は行かないとのこと。

痴漢に囲まれることもあるようだ

…そりゃ嫌だよね。 

でも、せっかくだし、マンタの下にいってみることに… やっぱり上か

ら見るのと体験するのとでは全然違った。まず、放水の水圧が強烈

。頭をドツかれてるみたいだ。それでも周りはエキサイトしたお兄さん

、おっちゃんが、周囲を気にせず豪快に踊りまくるから衝突しまくり。

そりゃケンカにもなるよ~と、とにかく興奮状態だけど、なんだか爽快感もあってスッキリした。

 それしても、こちらでは水掛けというよりか、水で殴るといった方がいいくらい、思いっきり水をぶっ掛けてくる。本来の目的である「お清め」というより

は穢れをブッ飛ばすといった方がいいかも(笑)

結局、4日間、毎日のように大フィーバー、むしろますます激しくなっ

ていく。ヤンゴンと異なり、マンタの場所が都心に集中しているので、

それだけ規模が大きく、賑やか感じるし、盛り上がり方も尋常じゃな

い。やはりマンダレーダジャンは最高!だった。

だが、そんな激しい4日間終えて、新年を迎えるとそれまでの喧騒が

嘘のような平穏。実に清々しい朝である。やっぱり、水気祭りは1年

間のお清めなんだなぁと感じた。

PEACE SMILE LAND TRAVELS & TOURS CO., LTD.

 


モデルコース


Web Developer Zaw Min (Johnson Li ) GTS