対日観光促進委員会



     
     
パガンは11世紀から13世紀の間に栄えたミャンマー最初の王朝す。1044年にミャンマー最初の王様アノーヤター王がバラバラになってい

た勢力を集めて統一し、王朝をバガンに築きました。統一王朝が築かれた同時にもう1つミャンマーに入ってきたのは仏教です.当時、ミャンマー南

部のタトンと言う町からシンアラハンと言う僧侶がパガンに来てアノーヤター王に仏教を教えました。アノーヤター王は僧侶の教えを信じでバガンに

仏教の教えを広げました。そのときからバガンの人々が仏教を深く信仰するようになり、仏教が長く繁栄するため、王様や人々はパゴダ や寺院を作

りました。イラワジ川左岸の40平方キロメートルの広大な土地に5000以上のパゴダと寺院が散在していたと言われていますが現在、2000以上の遺

跡が残っています。カンボジアのアンコールワット、インドネシアのポロブドールと共に世界三大仏教遺跡と呼ばれています


アーナンダ寺院



◆アーナンダ寺院(Ananda Temple)

1090年、時の王チャンスィッター王によって建てられたものでバガン王朝を代表し、最

もバランスの美しい寺院と言われています。本堂の東西南北にはそれぞれ9.5mの黄

金の仏像が納められています。








シュエズィコンパゴダ

◆シュエズィゴンパゴダ (Shwezigon Pagoda)

11世紀にアノーヤター王によって建立されたが完成したのはチャンスィッター王時代

でした。「金の砂のパゴダ」の意味を持ち、アーナンダ寺院と並んでバガンの代表的な

パゴダの1つです。釈迦の歯と骨が納められていると伝われています。







シュエサンドパゴダ
◆シュエサンドパゴダ(Shwesandaw Pagoda)

1057年、時の王アノーヤターがタトン国(モン族)を征服した後、直ちに造られたパゴダ

の1つでこのパゴダには釈迦の遺髪が安置されていると伝われています。このパゴダ

のテラスから遺跡群とイラワジ川に沈む夕日を見ることができます。 







タッピニュー寺院
◆タッピニュ-寺院(Thatbinnyu Temple)

タッピニュ-とは「全知全能」の意味で12世紀の半ばにアラウンシトゥ王によって建て

られた寺院です。バガンでは最も高い寺院で高さ61mあり、完成するまで8年間ぐらい

かかったと言われています。







ダマヤンジー寺院

◆ダマヤンジー寺院(Dhammayangyi Temple)


12世紀にナラトゥ王によって建立されたが建設中に王が暗殺されたので未完成のまま

になっています。ナラトゥ王は王位につくため、実父(先代の王)と実兄を暗殺しました

。その罪を償う意味でこのパゴダを建立したと言われています。








ゴードーパリン寺院
◆ゴードーパリン寺院(Gawdawpalin Temple)

13世紀にナラバティシトゥ王によって建立された寺院です。高さ55mあり、バガンではタ

ッピニュ-寺院に次いで2番目の高い寺院です。本堂内は正方形の回廊状になってお

り、1階の四隅にユニックな表情を持つ黄金の仏像が安置されています。







ティローミンロー寺院
◆ティーロミンロー寺院(Htilominlo Temple)

13世紀にナンタウンミャ王によって建立されました。5人の兄弟から自分が王位に選ば

れたのを記念にして建てたと伝われています。「三界における幸福」の意味で高46mあ

り、内部には四つの仏像が安置されています。






プーパヤーパゴダ
◆ブーパヤーパゴダ(Bupaya Pagoda)

イラワジ川沿いに3世紀に建立されたと言われ、小さな円形のパゴダです。1975年に

地震で大きな被害を受け、現在見られるのは完全に復元されたものです。








マヌハー寺院
◆マヌーハ寺院(Manuha Temple)

タトン国のマヌーハ王はアノーヤター王に攻められた時、捕虜となりパガンに連行され

1059年にマヌーハ王によって建てられたパゴダです。寺院の中には3体の座像と1

体の涅槃像がありますがどれも建物内部の区間と合わないように大柄で作られてい

ます。マヌーハ王は小さな寺院の中で捕虜として息苦しい生活を送っていた自分の心

境を表すためにわざと息苦しそうな仏像を作ったと言われています。


 
パガンの朝日
パガンの朝日


 パガン近郊の見所
ポッパ山
ポッパ山(Mt.Popa)・・・・

パガンの南東50kmのところにあり、車で約1時間30分。パガン王朝時代から今日ま

でナッ(神)信仰の聖地とされてきました。








サレー・ヨッソン寺院
サレーSale・・・・

パガンから約64km、車で約2時間。見所は1882年に建てられた「ヨッソン僧院」です。

この僧院はチーク材作りの高床式で、全体に美しい彫刻が施されています。










 パガン近郊の村・・・・素朴な村人の生活も見学可能
朝市からの帰り
畑の仕事へ
生活用水は村近くの池から
村の広場は子供の遊び場
この子良く寝るの
これから畑に行くの



モンユァ

モデルコース

   
このページのTopへ


Web Developer and All photos Copyright by Zaw Min (Johnson Li ) GTS