対日観光促進委員会


シャン高原のインレー湖


  インレー湖はへーホー空港より東南の方向約30km、シャン州の州都タウンジーから西南の方向約30kmの海抜870mほどのシャン高原地帯

にあります。水深は乾季2mぐらい、雨季には6m以上になります。周りを山に囲まれた美しい風景で水は青く澄んでいるインレー湖には沢山の浮島

があり、インダー族の集落や素朴な水上マーケットがあります。この湖を有名にしているのはこの地方の少数民族インダー族の独特な舟の漕ぎ方

です。片足で舟に立ち、もう一方の足をやぶにかけて舟を漕ぎながら両手で網を操って魚を獲ります。

インレー湖への行き方・・

  ゲートウェーの町へーホー空港へは飛行機でヤンゴンから約1時間20分、マンダレーから約25分、パガンからマンダレー経由で約1時間でいけ

ます。へーホー空港から車で約45分(約30km距離のところ)行きますとインレー湖に着きます。


■インレー湖の見所(入域料US$3.)

インレー湖の観光方法はボートに乗って巡ります。(約4時間)

    主な見所は・・・

   ①水上に住むインダー族の水上での生活風景と浮島でのトマト、野菜等の栽培風景。(舟から見学)

   ②ユァマ村での素朴な水上マーケット(舟から見学) ※五日毎に行われます。

   ③猫が芸を見せることで有名になった木造のガペィチャン僧院(入場見学) ※現在、猫が芸をしなくなっているようです。

   ④1351年インレー湖の東山の奥で見つかった5体の仏像が安置されているパウンドウーパゴダ(入場見学)

   ⑤インダー族の伝統的な織物工房(入場見学)

インダー族の水上集落
インダー族と水上集落

インダー族の漁師
インダー族の漁師

ガペイチャン僧院


インダー族の水上での生活風景


パウンドウーパゴダの仏像


パウンドウーパゴダ(水上パゴダ)
水上パゴダー・パウンドウーパゴダ

インレー湖周辺の朝市
何時か毎の朝市

子供の遊び場も水上
子供の遊び場も水上


インレー湖周辺マップ


     インレー湖周辺の見所
インディン遺跡
カック遺跡
ピンダヤ

◆インディン遺跡
インディン遺跡パノラマビュー

  インディン遺跡はパウンドウーパゴダの 西、舟で約30分かかるインディン村にありま す。インディンパゴダは2000年以上に建てら れたと言われ

ています。その後、パガン王朝 を築いたアノヤタ王を始め多くの王様に修復 され、現在の形になったそうです。 パゴダの数は1054個あり、入口か

らパゴダま での参道の柱は403本あります。 船着き場から参道の入口まで歩いて約10分か かりますが周辺にはのどやかな田園風景が広 がり、

疲れをを癒してくれます。パゴダから 10分ほど歩くと少数民族のパオ族集落も見学 できます。


 ◆カック遺跡


 ◆カック遺跡・・・・・・・入域料US$3.

   シャン州の州都タウンジーから南に約50km離れたパオー族の特別地区に位置するカック遺跡は外界から知られることのない仏塔2000以上が

1平方km広さの中に密集して建てられ、人々から秘境の地として注目されています。

  この珍しい土地を参拝するために毎年1回パオー族の人々が遠いところから数百の牛車で集まってきます。このパゴダのお祭りは毎年3月中旬

に約1週間開かれ、シャン州の各地から集まる数千人の人々で賑わいます。

カック遺跡


  ◆ピンダヤ
ピンダヤ洞窟


 ◆ピンダヤ町と洞窟・・・・・入域料US$3

    ピンダヤはヘーホー空港から約62km、車で約1時間30分のところにある小さな町です。この町を代表しているのは18世紀頃、寺院として

開かれたピンダヤ洞窟です。ピンダヤ町が一望できる山腹にあり、長さ約150mの洞窟には13~17世紀に造られた  と言われる8094体の仏像

が置かれています。

      ピンダヤ町にはタヌ族、タウンヨー族をはじめ、数多くの少数民族が住んでいます。町にはダヌ族の伝統的な手仕事である傘工房、紙工房

が見学できます。

傘工房
紙工房


モンユァ

モデルコース

     
このページのTopへ


Web Developer and All photos Copyright by Zaw Min (Johnson Li ) GTS
インディン遺跡 神秘のカック遺跡 ピンダヤ洞窟