対日観光促進委員会



    ミャッイウーは1430年、モン族王によって統治されたラカイン(アラカン)の差後の首都です。ミャッイウーには49の王が3つの時代に住んでい

ました。第一期は1430年~1531年、第二期は1531年~1638年、第三期は1638年~1784年で、1784年、ボートパヤ王のビルマ軍によってラカイン王

朝は滅ぼされました。

    ミャッイウーの町はラカイン州にあり、ラカイン州の州都シットェー (SITTWAY) から北東40マイルのところ、カラダン川とレーミョー川の間、北

緯20度25分、東経93度11分に位置します。ミャッイウー町の面積は491スクエアマイルあり、ダウンタウンエリアは6街区にわかれ、94の村が存在し

ます。1995年の人口調査によるとダウンタウンエリアには家屋 5796戸、人口 30,378人、田園地帯は家屋が26,815戸、人口 171,504人、殆どがミャッ

イウーダウンタウンに住んでいます。住民の大部分はラカイン族でその他カミ族、テッ族、チン族、ミョー族、ダイネ族の人々が住んでいます。ミャッ

イウーの平均気温は一年で一番気温の高い5月で約 39.8℃、また12月から2月の乾季では約9.2℃です。年平均降水量は3,810ミリです。ミャッイウ

ーの全ての地域は丘陵地又は岩と砂からなる海岸でそれは小川によって切断されたような起伏の激しい地形であり、交通の大部分は水運です。

◆シッタウン寺院 (Shite Thoung Temple)

 535年にモンバージー王によって1年間に1000人の職人で建てられました。地下に

108の聖宝を奉った後、5つの中心となるものを建立し始めました。聖堂には清められ

た84,000の聖宝が箱に入れられ、84,000の来世の仏陀が奉納されています。この寺

院の内部でラカインの文化や歴史、伝説などを見学することが出来ます。また仏陀

の前世についての説明、例えば鶴、アヒル、孔雀、水牛、豚、鳥、馬、像等だった時の

ことが知ることが出来ます。3段目では550のジャタカという経典について彫刻した石

を見ることが出来ます。また、踊っている人たちの絵や、曲芸をする人たち、像狩りを

する人たち、などを描いた美術なども見ることが出来ます。

◆ コータウン寺院(Kho Thaung Temple)

    コータウン寺院は1553年にモンテッカ王によって建てられ、90,000の寺院と

いう意味です。元々は寺院の周りに9つの雛壇のようなものがあったようですが現在

はそのうちの5つが残っています。上段と下段、中2階は崩壊してしまい、アーチだけ

を見ることが出来ます、境内の中央には8角形のパゴダがあります。










モンユァ


モデルコース


Web Developer and All photos Copyright by Zaw Min (Johnson Li ) GTS